葬儀の流れ

家族が危篤状態になり、医師から最後に会わせたい人を呼んでください等の言葉があった時は、家族、親族等の近しい方ほか、会わせてあげたい人がいる時は呼んであげましょう。その方が遠方にお住まいの場合は早めに連絡を取り、都合を伺っておくことをおすすめします。

病院で亡くなった時は、担当医から死亡診断書を発行してもらいましょう。その死亡診断書がなければ、遺体を運び出すことができません。遺体は、葬儀会社に連絡を入れれば、すぐさま迎えに来てくれるシステムとなっているところが多いです。依頼する葬儀会社がない場合は、病院に相談してみましょう。病院と提携していれば、病院からの紹介だということでお葬式にかかる費用をサービスしている会社も少なくありません。

一般的に、お葬式はお通夜の翌日に施行されます。ちなみに、お葬式の流れは、お通夜、葬儀の進行確認、受付、着席、僧侶入場、開式、読経、焼香、僧侶退場、弔電、喪主挨拶、閉会、お別れ、出棺となります。この後、火葬となりますが、火葬する場合は火葬許可証を取得しなければなりません。その手配も、葬儀会社が代行して取得してくれるので、遺族は何の心配もなく、参列してくれた方々のことだけを考えることができます。

続いて、初七日の準備ですが、通常は亡くなってから7日めに行われますが、昨今は、遺骨迎えの法要とあわせて行う人が増えています。お葬式に参列してくださった方々、僧侶等、お世話になった方々へ、故人の感謝の意をこめて、ささやかなお食事をふるまいます。この初七日の準備、対応も、葬儀会社が手配してくれるので、喪主は料理のプランを選び、注文するだけになります。葬儀会社のプランによっては、この初七日までがプランに入っている場合があります。依頼する際、確かめておきましょう。

葬儀会社のサービスは、すべてが同じではありません。費用に応じて、それぞれに特長を活かしたプランが用意されています。希望のサービスが受けられるプランを選ぶことをおすすめします。