葬儀費用は誰が支払うの?

お葬式代くらいは残しておきたい。テレビCMで耳にする言葉ですが、どなたもそう思っているのではないでしょうか。子どもと離れて暮らす人が増えた今、お葬式は自分好みの方法で施行して欲しいと望む人も少なくありません。

しかし、そのお葬式にかかる費用を用意できなかった場合、どなたが支払うのが一般的なのでしょうか。お葬式費用は、安くても50万円、参列者が多い場合は数百万かかるとされております。数百万円となれば、そうそう気軽に支払える金額ではありません。そんな場合は、どのようにすれば良いのでしょうか。

通常の場合、葬儀費用は、お通夜、お葬式に参列してくださった方々からの香典から支払います。しかし、香典のみで支払える場合は稀であり、ほとんどの場合は不足している分を喪主、家族、親族等で補わなければなりません。故人に遺産があった場合は、故人の遺産を充てることができますが、故人の預貯金を引き出すには様々な手続きが必要になりますので、一時的にどなたかが立て替えて支払わなければなりません。

この場合、もっとも適した人は喪主になります。火葬許可証、埋葬許可証等、故人の最後の手続きを終えるには、喪主となった遺族の許可が必要になります。裏を返せば、葬儀を執り行う喪主となるにはそれだけの覚悟が必要になります。このことから、故人に近い人がなるべきだという考えがあり、両親、長男、兄等、故人にもっとも近い方がふさわしいと言えるのではないでしょうか。

ちなみに、葬儀費用は、ほとんどの葬儀会社が現金、クレジットカード決済、クレジットに対応しているため、分割での支払いも可能になっております。クレジットカードの枠が足りない場合は、クレジットによる分割払いを検討してみてはいかがでしょうか。但し、クレジットの申し込みには審査があり、審査結果によっては、利用できない場合があることを頭に入れておきましょう。

審査の申し込みには、葬儀の契約者である喪主本人をおすすめしますが、高齢等で審査に不安がある時は、長男、長女、家族でも問題ありません。