葬儀を施行する

葬儀はどこで行う?

葬儀はどこで行う? 家族が亡くなると、早急に検討しなければならないものの一つに葬儀を施行する会場があります。昨今は自宅でのお葬式ではなく、葬儀会場を選ぶ人が増えております。葬儀会場は、お葬式を専門的に施行する葬祭業者が、葬儀、法事を行うための機能をもった施設になり、もっとも適した葬儀会場と言えます。

例えば、遺族、お葬式に参列するお客さまの宿泊施設、お客さまにお出しする会食、着替える場としても使用できる控室等、必要なものがすべて揃っております。遠方からお越しのお客さまにも宿泊するためのホテル代等、余計な負担をかける心配もありません。しかし、誰でもが利用できるわけではありませんので、注意が必要になります。その葬祭会場を利用するには、その施設を保有する葬祭業者にお葬式を依頼しなければなりません。葬祭会場を保有しない葬祭業者にお葬式を依頼する場合は、自宅でのお葬式、もしくは、貸会場を検討しなければなりません。

自宅でお葬式を行う人が減少している背景には、マンションやアパート等の集合住宅の増加が挙げられます。年齢を重ねるにあたり、防犯面で不安のある一戸建てではなく、セキュリティ対策がきちんとしているマンションへの居住を希望する人が増えたことで、自宅でのお葬式が減少してきました。しかし、中には、自宅でのお葬式を希望される人もいらっしゃいます。故人が住んだ自宅から、故人を送り出してあげたいとの気持ちから、また、お葬式にかかる費用を削減したい等の理由より、自宅でのお葬式を選ぶ人も少なくありません。

葬祭会場、自宅でのお葬式以外には、自治体が保有する葬祭施設、もしくは、ホテルの一室を借りて行うこともできます。自治体は、その施設を借りるための申し込み手続きが必要になりますので、その時になって慌てずに済むよう、前もって問い合わせておきましょう。ホテルに関しては、お葬式前後の宿泊、食事等、便利に利用できる反面、遺体を設置できない、焼香する場所を確保できない等の制約を受けることがありますので、こちらも、前もって問い合わせておくことをおすすめします。

お葬式は、故人と交わす最後のお別れの日となります。終活を行う人が急増しておりますが、急な病気や事故等で、故人の思いを聞く場をもてない場合も少なくありません。どんな風におくってあげれば良いか迷った時こそ、お葬式のプロである葬祭業者に相談しましょう。お葬式はそう何度もあるものではありません。専門家に依頼することで、後悔のないお葬式を執り行うことができるのではないでしょうか。

お知らせ